滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶

高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、平成30年度からの第7次医療計画においても、脳卒中による死亡率の低下、要介護患者の減少のためにt-PA静注療法や脳血管内治療などの施行の適正化、均てん化を目指した医療連携体制の整備が求められています。また、脳卒中と同様の危険因子を有する心血管病の重要性も指摘されています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、平成28年からは脳卒中対策推進事業として、1)滋賀脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、2)医療者向け研修会や県民に向けた啓発活動を行い、3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。今後、心血管病についてもデータ集積を行う予定にしており、さらに活動を拡大して参ります。県民の皆様の御協力を宜しく御願い申し上げます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦
一般の方へ 脳卒中とは

脳卒中という病気をご存じですか?

脳卒中とは、脳の血管がつまったり破れたりして、脳がダメージを受ける病気です。平成23年に肺炎に代わって日本人の死亡原因の第4位となりましたが、社会の高齢化に伴い、脳卒中の有病者数はますます増加しています。また、脳卒中は 麻痺 ( まひ ) や歩行障害や言語障害などの後遺症が残ることが多く、寝たきりの最大の原因となっています。脳卒中を「知っている」ことがあなたと家族を脳卒中から救います。この機会に脳卒中についての知識を身につけましょう。

脳卒中には3つのタイプがあります

脳卒中には、 ( のう ) 梗塞 ( こうそく ) 脳出血 ( のうしゅっけつ ) 、くも 膜下 ( まくか ) 出血 ( しゅっけつ ) の3つのタイプがあります。
脳卒中の症状についてはこちらをご覧ください。


1)脳梗塞

脳の血管がつまる病気です。血管がつまることでその先の脳細胞に血液が行き届かなくなり、酸素や栄養分を送ることができず、脳組織に障害が生じます。脳梗塞の中にも、いくつかの種類があります。


  • ① ラクナ梗塞
    脳の血管は、太い血管から細い動脈へと枝分かれしています。その細い動脈である「 穿通 ( せんつう ) ( ) 」に、直径 1.5cm 未満の小さな梗塞が起きた状態を「ラクナ梗塞」といいます。主に高血圧が原因で起こり、従来より日本人に最も多いタイプの脳梗塞です。小さな梗塞であるため症状は軽症なことが多く、きわめて病巣が小さい梗塞では、自覚症状が全くない場合もあります。これを「 無症候性 ( むしょうこうせい ) 脳梗塞(隠れ脳梗塞)」と呼びます。

  • ② アテローム 血栓 ( けっせん ) 性脳梗塞
    アテローム血栓性脳梗塞では、比較的太い脳の血管がつまります。主に動脈硬化が原因で起こり、最近ではこのタイプの脳梗塞の患者数が増えてきています。特に、糖尿病や脂質異常症、肥満などと併発することが多いため、それらの疾患を持っている人は一層の注意が必要になります。

  • ( しん ) 原性 ( げんせい ) ( のう ) 塞栓症 ( そくせんしょう )
    心臓の中でできた血液のかたまり(血栓)が脳に流れて、脳の太い血管をつまらせてしまうという、「心臓」が原因の脳梗塞です。心原性脳塞栓症の原因の多くが、不整脈のひとつである 心房細動 ( しんぼうさいどう ) です。この不整脈によって、心臓の中で血液が固まって血栓ができやすくなります。心臓でできた血栓は大きくて溶けにくいため、脳梗塞の中では重症になりやすい病気です。高齢者に多く見られ、今後増加していく可能性があります。

2)脳出血

脳出血は、脳の内部の細い動脈がもろくなり、血管が破裂する病気です。高血圧が原因の脳出血が大半を占めます。血圧が高い状態を長年にわたって放置しておくと血管の壁が傷つきやすくなり、出血しやすくなるため、高血圧を放っておくことは危険です。


3)くも膜下出血

脳の隙間を走る動脈のコブ( 動脈 ( どうみゃく ) ( りゅう ) )が破れて、脳と「くも膜(脳の表面を覆っている薄い膜)」の隙間に出血する病気です。くも膜下出血の代表的な症状は頭痛です。突然バットで殴られたような、これまで経験したことがない激しい頭痛が起こることが多いといわれています。初回の出血では致命的に至らない場合でも、24時間以内に再出血することが多く、注意が必要です。また、高齢者だけでなく、40-50歳代の働き盛りでも発症することがあるのも特徴のひとつです。極度のストレスや排便時のいきみ、過度の仕事をしたときなど、急に血圧が変動したときや気温が大きく変化するときなどに発症することが多いとされています