滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶

高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、平成30年度からの第7次医療計画においても、脳卒中による死亡率の低下、要介護患者の減少のためにt-PA静注療法や脳血管内治療などの施行の適正化、均てん化を目指した医療連携体制の整備が求められています。また、脳卒中と同様の危険因子を有する心血管病の重要性も指摘されています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、平成28年からは脳卒中対策推進事業として、1)滋賀脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、2)医療者向け研修会や県民に向けた啓発活動を行い、3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。今後、心血管病についてもデータ集積を行う予定にしており、さらに活動を拡大して参ります。県民の皆様の御協力を宜しく御願い申し上げます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦
5月26日 防ごう!脳卒中 県民フォーラムを開催しました

滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏)脳卒中診療連携体制整備事業の一環として、2013年5月26日(日)に栗東芸術文化会館さきらにて、滋賀脳卒中県民フォーラム 「防ごう!脳卒中 ~その行動が命と生活を救う!~」を開催いたしました。
今回のフォーラムには、非常に多数のご応募をいただき、当日は約400名の皆様にご来場いただけました。ご応募・ご参加いただいた方々に心より厚く御礼申し上げます。

フォーラムでは、びわ湖放送から“野洲のおっさん”も取材に来てくれました。このフォーラムは、「脳卒中」の予防と対処をテーマとし、脳卒中にならないようにするために何ができるのか、どうすれば良いのか、もし脳卒中になったらどのような対応をすれば良いのかを、県民の皆様に知っていただくことを目的として開催しました。

野洲のおっさんと運営スタッフ
野洲のおっさんと運営スタッフ
フォーラムの様子

脳卒中専門医である国立循環器病研究センター 理事長 橋本信夫先生、公益社団法人日本脳卒中協会 専務理事 中山博文先生にご講演いただき、さらに、脳卒中を発症し社会復帰を果たした吉本興業 宮川大助さんとご家族の宮川花子さん、宮川さゆみさんをお招きし、脳卒中に関する貴重な体験談をお話しいただきました。

フォーラムの様子①

<フォーラム内容>
◆基調講演 「発症予防と早期対処の重要性」 中山博文先生
◆特別講演 「脳卒中診療の最前線」 橋本信夫先生
◆宮川大助・花子ファミリートークショー 
  「脳卒中にご用心 ~発症から社会復帰まで~」

フォーラムの様子
フォーラムの様子②

また、参加申込みと同時に募集しておりました「脳卒中に関する標語」の優秀作品の表彰も行いました。
こちらもたくさんのご応募をいただきありがとうございました。厳正なる選考により最優秀賞を1点、優秀賞を2点選出し、フォーラム内で宮川ファミリーに表彰していただきました。

脳卒中標語

<ご参加いただいた方のご感想> ※当日回収アンケートより一部抜粋
◎今まであまり気にしなかった事がわかり参考になりました。今後機会があれば講演会等参加したいと思います。

◎一人でも多くの人が受講出来るように1回でも多く各地で実施して頂きたい。

◎立派な先生の講演を聴けたし、検査も受けられ、自分の健康状態を認識でき充実した一日でした。
 大助花子さんのトークもおもしろおかしく上手にお話され、勉強になりました。

◎自分だけは大丈夫と思っていたが今回の講演を聞き年齢的にも注意をしていきたい。

Page Top