平成28年熊本地震により被災された皆様、
  避難されているすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  被災地の一日でも早い復興と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

平成28年4月

新着情報・トピックス

一覧

  • 研究2016年 12月 6日
    滋賀医科大学アジア疫学研究センターの上島弘嗣特任教授と三浦克之センター長が代表をつとめる滋賀動脈硬化疫学研究( SESSA )において、喫煙習慣と全身の様々な血管における動脈硬化進展との関連が明らかとなり、米国心臓学会の学会誌である 「 Journal of American Heart Association 」 8月号に掲載されました。 →詳細はこちら(本学プレスリリース)
  • 研究2016年 11月22日
    雑誌「クロワッサンSpecial特別編集(2016.9月)」(マガジンハウス社)で、上島弘嗣名誉教授(アジア疫学研究センター特任教授)が取材を受けた2015年10月の特集記事「高血圧の専門家が実践、食塩無添加生活、美味しく楽しく続けています」が再掲載されました。 また女子栄養大学の月刊誌「栄養と料理」(2016.12月号)では上島弘嗣名誉教授監修の「生活習慣病をまるごと予防!?トクする減塩」と、「”食塩無添加”食で降圧剤を半量に:高血圧の専門家が血圧コントロールを実現!」が掲載されました。
    上島特任教授のブログ「ドクター上島の(続)食塩無添加日記」もぜひご覧ください。
  • 研究2016年 9月27日
    NIPPON DATA 研究より、野菜不足は脳卒中死のリスクが高いことがわかり、9月27日 NHK総合ニュース(関西)にて紹介されました。 詳細はNHK関西NEWS WEB
  • 研究2016年 7月21日
    NIPPON DATA 研究より、食事中のナトリウムとカリウムの比が高い人ほど循環器病死亡リスクが高いことが明らかになり、英国医学雑誌オープンジャーナル 「BMJ Open」7 月号に掲載されました。 内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
  • お知らせ2016年 7月15日
    循環器疫学サイト"epi-c.jp"(エピック・ジェイピー)に「滋賀動脈硬化疫学研究:SESSA」に関する座談会の内容が掲載されました。→ epi-c.jp”座談会”へ
  • お知らせ2016年 7月15日
    循環器疫学サイト"epi-c.jp"(エピック・ジェイピー)のepi-c研究一覧に「滋賀動脈硬化疫学研究:SESSA」が追加されました。→ epi-c.jp”SESSA"へ
  • お知らせ2016年 5月26日
    JICA国際協力機構研修「生活習慣病予防対策」をアジア疫学研究センターにて開催しました。→詳細はこちら
  • お知らせ2016年 4月11日
    アジア疫学研究センター 上島弘嗣特任教授(滋賀医科大学名誉教授)の第67回「保健文化賞」受賞を記念し、シンポジウムを開催します。ぜひご聴講ください。→詳細はこちら
  • 研究2016年 2月23日
    NIPPON DATA80/90の研究において、「総摂取エネルギーが多い男性では総死亡,がん死亡,冠動脈疾患死亡のリスクが増加」が 日本動脈硬化学会誌「Journal of Atherosclerosis and Thrombosis」3月号に掲載されることになりました。 内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
    追記:朝日新聞デジタル(2016年4月3日)で紹介されました。
  • 研究2015年12月 9日
  • お知らせ2015年 10月 6日
    滋賀動脈硬化疫学研究SESSA(セッサ)のホームページを開設しました。→HPはこちら
  • お知らせ2015年 10月 6日
    上島弘嗣名誉教授(アジア疫学研究センター特任教授)が第67回保健文化賞(第一生命保険株式会社主催)を受賞しました。→詳細はこちら
  • お知らせ2015年 9月18日
    アジア疫学研究センター 久松隆史 特任助教が2015年日本心臓病学会「上田賞」を受賞しました。 →詳細はこちら
  • お知らせ2015年 7月31日
    滋賀医科大学博士課程教育リーディングプログラムの説明会を8月29日(土)に開催します。 →詳細はこちら
  • お知らせ2015年 6月12日
    JICA国際協力機構研修「保健衛生管理」をアジア疫学研究センターにて開催しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2015年 5月28日
    JICA国際協力機構研修「生活習慣病予防対策」をアジア疫学研究センターにて開催しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2014年 8 月1日
    第27回日本循環器病予防セミナーの一行がアジア疫学研究センターを見学しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2014年 6月20日
    JICA国際協力機構研修「保健衛生管理」をアジア疫学研究センターにて開催しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • イベント2013年10月23日
  • お知らせ2013年10月01日
    滋賀医科大学 アジア疫学研究センターが開設されました。
    →京都新聞で紹介されました
  • 研究2016年 11月22日
    雑誌「クロワッサンSpecial特別編集(2016.9月)」(マガジンハウス社)で、上島弘嗣名誉教授(アジア疫学研究センター特任教授)が取材を受けた2015年10月の特集記事「高血圧の専門家が実践、食塩無添加生活、美味しく楽しく続けています」が再掲載されました。 また女子栄養大学の月刊誌「栄養と料理」(2016.12月号)では上島弘嗣名誉教授監修の「生活習慣病をまるごと予防!?トクする減塩」と、「”食塩無添加”食で降圧剤を半量に:高血圧の専門家が血圧コントロールを実現!」が掲載されました。
    上島特任教授のブログ「ドクター上島の(続)食塩無添加日記」もぜひご覧ください。
  • お知らせ2016年 7月15日
    循環器疫学サイト"epi-c.jp"(エピック・ジェイピー)に「滋賀動脈硬化疫学研究:SESSA」に関する座談会の内容が掲載されました。→ epi-c.jp”座談会”へ
  • お知らせ2016年 7月15日
    循環器疫学サイト"epi-c.jp"(エピック・ジェイピー)のepi-c研究一覧に「滋賀動脈硬化疫学研究:SESSA」が追加されました。→ epi-c.jp”SESSA"へ
  • お知らせ2016年 5月26日
    JICA国際協力機構研修「生活習慣病予防対策」をアジア疫学研究センターにて開催しました。→詳細はこちら
  • お知らせ2016年 4月11日
    アジア疫学研究センター 上島弘嗣特任教授(滋賀医科大学名誉教授)の第67回「保健文化賞」受賞を記念し、シンポジウムを開催します。ぜひご聴講ください。→詳細はこちら
  • お知らせ2015年 10月 6日
    滋賀動脈硬化疫学研究SESSA(セッサ)のホームページを開設しました。→HPはこちら
  • お知らせ2015年 10月 6日
    上島弘嗣名誉教授(アジア疫学研究センター特任教授)が第67回保健文化賞(第一生命保険株式会社主催)を受賞しました。→詳細はこちら
  • お知らせ2015年 9月18日
    アジア疫学研究センター 久松隆史 特任助教が2015年日本心臓病学会「上田賞」を受賞しました。 →詳細はこちら
  • お知らせ2015年 7月31日
    滋賀医科大学博士課程教育リーディングプログラムの説明会を8月29日(土)に開催します。 →詳細はこちら
  • お知らせ2015年 6月12日
    JICA国際協力機構研修「保健衛生管理」をアジア疫学研究センターにて開催しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2015年 5月28日
    JICA国際協力機構研修「生活習慣病予防対策」をアジア疫学研究センターにて開催しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2014年 8 月 1日
    第27回日本循環器病予防セミナーの一行がアジア疫学研究センターを見学しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2014年 6月20日
    JICA国際協力機構研修「保健衛生管理」をアジア疫学研究センターにて開催しました。 →本学HPフォトニュースへ
  • お知らせ2013年10月 1日
    滋賀医科大学 アジア疫学研究センターが開設されました。
    →京都新聞で紹介されました
  • 募集
    現在募集はありません。
  • 研究2016年 12月 6日
    滋賀医科大学アジア疫学研究センターの上島弘嗣特任教授と三浦克之センター長が代表をつとめる滋賀動脈硬化疫学研究( SESSA )において、喫煙習慣と全身の様々な血管における動脈硬化進展との関連が明らかとなり、米国心臓学会の学会誌である 「 Journal of American Heart Association 」 8月号に掲載されました。 →詳細はこちら(本学プレスリリース)
  • 研究2016年 9月27日
    NIPPON DATA 研究より、野菜不足は脳卒中死のリスクが高いことがわかり、9月27日 NHK総合ニュース(関西)にて紹介されました。 詳細はNHK関西NEWS WEB
  • 研究2016年 7月21日
    NIPPON DATA 研究より、食事中のナトリウムとカリウムの比が高い人ほど循環器病死亡リスクが高いことが明らかになり、英国医学雑誌オープンジャーナル 「BMJ Open」7 月号に掲載されました。 内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
  • 研究2016年 7月15日
    循環器疫学サイト"epi-c.jp"(エピック・ジェイピー)に「滋賀動脈硬化疫学研究:SESSA」に関する座談会の内容が掲載されました。→ epi-c.jp”座談会”へ
  • 研究2016年 7月15日
    循環器疫学サイト"epi-c.jp"(エピック・ジェイピー)のepi-c研究一覧に「滋賀動脈硬化疫学研究:SESSA」が追加されました。→ epi-c.jp”SESSA"へ
  • 研究2016年 2月23日
    NIPPON DATA80/90の研究において、「総摂取エネルギーが多い男性では総死亡,がん死亡,冠動脈疾患死亡のリスクが増加」が 日本動脈硬化学会誌「Journal of Atherosclerosis and Thrombosis」3月号に掲載されることになりました。 内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
    追記:朝日新聞デジタル(2016年4月3日)で紹介されました。

  • その他
    現在その他の情報はありません。

  • NIPPON DATA80/90

    NIPPON DATA80(約1万人)、NIPPON DATA90(約8千人)は、5年毎の生死と死因の追跡調査を行っています。

  • NIPPON DATA 2010

    2010年国民健康・栄養調査と同時に行われた厚生労働省の指定研究です。
アジア非感染性疾患超克プロジェクトバナー
滋賀医科大学バナー
社会医学講座公衆衛生学部門バナー
滋賀動脈硬化疫学研究バナー 文部科学省リーディングプログラムバナー 滋賀脳卒中データセンター
滋賀脳卒中ネットバナー
ブログ

ページの先頭へ戻る