Print

野崎 和彦 >>

No image

安藤 朗あんどう あきら

所属・役職
医学系研究科 内科学講座 消化器内科 教授
研究テーマ
1. 腸管粘膜における免疫応答に関する研究
2. 腸内細菌叢の異常とIBDの病因に関する研究
3. サイトカインネットワークに関する研究

略歴

昭和59年3月   滋賀医科大学医学部卒業
昭和59年6月   滋賀医科大学付属病院研修医、第二内科勤務
昭和61年5月   社会保険滋賀病院内科医員
昭和63年4月   滋賀医科大学大学院医学研究科博士課程入学
平成 3年4月   日本学術振興会特別研究員(平成5年2月まで)
平成 4年3月   医学博士(滋賀医科大学 第116号)
平成 5年3月   滋賀医科大学附属病院検査部 助手
平成10年5月   滋賀医科大学第二内科(現,消化器・血液内科)学内講師
平成11年9月   マサチューセッツ総合病院消化器科へ留学 
平成17年10月  滋賀医科大学消化器内科講師 
平成21年12月  滋賀医科大学大学院教授 
平成24年4月   滋賀医科大学内科学講座(消化器内科)教授

メッセージ

海外からの留学生の方へ:日本での生活を通して自分の国のすばらしさを再認識してください。

主な著書、論文

1. Clinical utility of newly developed immunoassays for serum concentrations of adalimumab and anti-adalimumab antibodies in patients with Crohn's disease. Imaeda H, Takahashi K, Fujimoto T, Bamba S, Tsujikawa T, Sasaki M, Fujiyama Y, Andoh A. J Gastroenterol. 49(1) 100-109, 2014

2. Mannan-binding protein, a C-type serum lectin, recognizes primary colorectal carcinomas through tumor-associated Lewis glycans. Nonaka M, Imaeda H, Matsumoto S, Yong Ma B, Kawasaki N, Mekata E, Andoh A, Saito Y, Tani T, Fujiyama Y, Kawasaki T. J Immunol. 192(3) 1294-1301, 2014

3. Involvement of interleukin-17A-induced expression of heat shock protein 47 in intestinal fibrosis in Crohn's disease. Honzawa Y, Nakase H, Shiokawa M, Yoshino T, Imaeda H, Matsuura M, Kodama Y, Ikeuchi H, Andoh A, Sakai Y, Nagata K, Chiba T. Gut 2014

関連ホームページ

http://www.ninai-sums.jp/