Print

宮松 直美 >>

Mikiko Ito

伊藤 美樹子いとう みきこ

所属・役職
医学系研究科 公衆衛生看護学講座  教授
研究テーマ
1. 要介護高齢者と介護家族の共生に関する研究
2. 慢性疾患患者(児)の長期生活予後、有効なライフスキルに関する研究

略歴


1992年 千葉大学看護学部卒業(保健師・看護師)
東京大学大学院医学系研究科保健学専攻保健社会学講座にて修士・博士課程修了(博士(保健学))
1997年〜大阪大学医学部保健学科地域看護学講座助手、講師、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻総合ヘルスプロモーション科学講座准教授を経て、2016年4月より現職

専門分野は、地域看護学、保健社会学。薬害HIV感染血友病患者・家族のQOLに関する研究や東大阪市における居宅介護サービス利用者の介護家族のQOLに関する研究に従事。

日本保健医療社会学会理事、日本公衆衛生看護学会編集委員会、公衆衛生学会査読委員,東京都老人研究所研究生、松戸市保健衛生部健康管理課(保健師)などを務める

メッセージ

単なる生存的予後ではなく、豊かな生活予後に資する支援や介入に関する知見、そのために対象者や家族をより深く理解するための研究に取り組んできました。

主な著書、論文

1. Keiko Sugiura, Mikiko Ito, Masami Kutsumi, Hiroshi Mikami: Gender Differences in Spousal Caregiving in Japan. Journal of Gerontology: Social Science, 64B(1), 147-156, 2009

2. Tomoko Omiya, Mikiko Ito, Yoshihiko Yamazaki: Disclosure of congenital cleft lip and palate to Japanese patients: reported patient experiences and relationship to self-esteem. BMC Research Notes, 7:924, 2014

3. Eri Moriguchi , Mikiko Ito, Toshisaburo Nagai: Verification of the Reliability and Validity of a Japanese Version of the Quality of Life in Childhood Epilepsy Questionnaire (QOLCE-J). Brain & Development, 37(10) , 933-942, 2015

4. Kazue Sakakibara, Mai Kabayama and Mikiko Ito: Experiences of “endless” caregiving of impaired elderly at home by family caregivers: a qualitative study BMC research note. 8:827, 2015

5. Disclosure of congenital cleft lip and palate to Japanese patients: reported patient experiences and relationship to self-esteem. Haemophilia, 19(6), 876–881, 2013

関連ホームページ