Print

荒木 信一 >>

中野恭幸

中野 恭幸なかの やすたか

所属・役職
医学系研究科 内科学講座 呼吸器  准教授
研究テーマ
1. 肺の機能と構造に関する研究
2. 呼吸器疾患に関する研究

略歴

学歴
平成元年 京都大学医学部卒業
平成11年 京都大学大学院医学研究科博士課程内科系専攻終了 (医学博士)

職歴
平成2年  財)田附興風会医学研究所北野病院内科
平成10年  University of British Columbia (Vancouver, Canada)
平成14年  京都大学医学部附属病院
平成15年  滋賀医科大学医学部呼吸器内科

社会活動
日本呼吸器学会 代議員・国際委員会委員・広報委員会委員
アジア太平洋呼吸器学会(APSR) 学術部会長(Assembly of Respiratory Structure and Function)

メッセージ

呼吸器疾患のNCDは、今後アジアにおいてますます重要になると思われます。多面的なアプローチが求められています。

主な著書、論文

1. Tho N V, Ryujin Y, Ogawa E, Trang LTH, Kanda Rie, Goto K, ...., Nakano Y. Relative contributions of emphysema and airway remodelling to airflow limitation in COPD: consistent results from two cohorts. Respirology .20(4):594-601. doi: 10.1111/resp.12505. 2015.

2. Ryujin Y, Ogawa E, Nagao T, Oguma T, Yamaguchi M, Kanda R, ...., and Nakano Y on behalf of the Shiga COPD research group. Behavioral Changes in General Practitioners Towards Chronic Obstructive Pulmonary Disease over Five Years: An Observational Study. Internal Medicine. 54(14):1705-10. doi: 10.2169/internalmedicine.54.4170. 2015.

3. Tho N V, Ogawa E, Trang LTH, Ryujin Y, Kanda R, Nakagawa H, ...., Nakano Y. A Mixed Phenotype of Airway Wall Thickening and Emphysema Is Associated with Dyspnea and Hospitalization for COPD. Annals of the American Thoracic Society. 12(7): 988-996. DOI: 10.1513/AnnalsATS.201411-501OC. 2015.

関連ホームページ

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqmed1/