Print

村田喜代史 >>

野崎和彦

野崎 和彦のざき かずひこ

所属・役職
医学系研究科 脳神経外科学講座  教授
研究テーマ
1. 脳動脈瘤発生・増大・破裂の基礎的研究
2. 脳血管奇形の集学的治療に関する研究
3. 脳卒中の疫学研究
4. 脳動脈瘤のMR画像追跡に関する研究

略歴

学歴   
昭和58年 京都大学医学部卒業
平成 2年 京都大学大学院医学研究科外科系専攻博士課程修了

職歴
昭和58年 京都大学医学部附属病院脳神経外科学教室入局
平成 2年 Massachussetts General Hospital 脳神経外科(研究員)
平成 5年 京都大学医学部附属病院脳神経外科助手(4月1日)
平成11年 京都大学医学部脳神経外科講師(7月16日)
平成15年 京都大学医学部脳神経外科助教授(7月1日)
平成20年 滋賀医科大学医学部脳神経外科教授(2月1日)

学会
社団法人日本脳神経外科学会代議員(2003-)・生涯教育委員会委員(2013.9-)・専門医認定委員(2013.9-)・医療器機委員会副委員長(2013.9-)・専門医認定委員会コア委員(2015.9-2017.8)・機関紙NMC編集委員会委員/Editorial Board(2014.5)・生涯教育委員会委員(2014.9-)・学術委員会委員(2015.9.1)
社団法人日本脳神経外科学会近畿支部理事(2008.2-)・代議員(2003-)・学術評議員(2003-)
日本脳卒中の外科学会運営委員(2008.3-)・編集委員(2008.3-)・代議員(2011.3-)
脳神経外科手術と機器学会運営委員(2008.4-)・監事(2015.4-)
日本脳神経外科コングレス査読委員(2002.4-)
日本脳卒中学会評議員(2000.5-)・代議員(2010.8-)・幹事(2015.4-)
日本頭蓋底外科学会評議員(2008.7-)監事(2010.7-)理事(2011.6-)
日本脳腫瘍の外科学会評議員(2010.4-)・理事(2012.4-)・あり方委員会委員(2014.10-)・学術委員会委員長(2015.10-)
日本術中画像情報学会 理事(2011.6-)
日本心血管脳卒中学会学術評議員(2013.10.1-)
日本脳神経CI学会 世話人 査読委員(2014.3-) 他

科学研究費委員会専門委員(2010.12.1-2016.11.30)
くも膜下出血診療ガイドライン第1版(2003)・第2版(2009)策定実務担当者
脳ドックのガイドライン2003策定実務担当者
脳卒中治療ガイドライン2004策定実務担当者・2006策定実務担当者
脳卒中治療ガイドライン2015策定委員

他社会活動
社団法人日本脳卒中協会滋賀県支部副支部長(2009.1-)
大津市脳卒中地域連携クリテイカルパス推進会議委員(2008.4-)
大津市脳卒中地域連携パス小委員会委員(2009.12-)、他

メッセージ

疫学研究から得られる情報は臨床活動において重要な方向性を示してくれます。アジアからのエビデンスを発信できるように共に頑張りましょう。

主な著書、論文

1. Hishikawa T, Date I, Tokunaga K, Tominari S, Nozaki K, Shiokawa Y, Houkin K, Murayama Y, Ishibashi T, Takao H, Kimura T, Nakayama T,Morita A, for UCAS Japan and UCASII Investigators. Risk of rupture of unruptured cerebral aneurysms in elderly patients. Neurology 85:1879-1885, 2015

2. Tsuji A, Nozaki K. Clinical relevance of racial differences in cerebrovascular diseases. World Neurosurgery 84:636-637, 2015

3. Tominari S, Morita A, Ishibashi T, Yamazaki T, Takao H, Murayama Y, Sonobe M, Yonekura M, Saito N, Shiokawa Y, Date I, Tominaga T, Nozaki K, Houkin K, Miyamoto S, Kirino T, Hashi K, Nakayama T; for UCAS Japan Investigators. Prediction model for three-year rupture risk of unruptured cerebral aneurysms in Japanese patients. Ann Neurol 77:1050-1059, 2015

4. Yokoi T, Saito M, Yoshimura Y, Tsuji K, Nozaki K. Cerebral aneurysms and inflammation. Neuroimmunology and Neuroinflammation 2:55-58, 2015

関連ホームページ

http://shiga-neurosurgery.com/