Print

永田 啓 >>

No image

扇田 久和おうぎた ひさかず

所属・役職
医学系研究科 生化学・分子生物学講座 分子病態生化学 教授
研究テーマ
1. がん、循環器疾患におけるシグナル伝達機構と遺伝子解析
2. 細胞接着の分子機構

略歴

学歴
1995年3月 大阪大学医学部 卒業
2003年3月 大阪大学大学院医学系研究科博士課程 修了

職歴
1995年5月 大阪大学医学部附属病院・研修医
1996年6月 大阪府立病院・研修医、レジデント
2003年5月 米国ハーバード大学医学部・博士研究員
2004年4月 大阪大学大学院医学系研究科・助手
2008年4月 神戸大学大学院医学研究科・准教授
2011年4月 滋賀医科大学・教授  現在に至る

学会
日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本生化学会、日本癌学会 American Heart Association, American Society for Cell Biology

メッセージ

がんと循環器に関する基礎医学研究を主に行っています。生化学などの基礎医学の知識は疫学研究を理解する上でも大切だと思います。

主な著書、論文

1. A new subset of deutan colour vision defect associated with an L/M visual pigment gene array of normal order and -71C substitution in the Japanese population. Ueyama H, Muraki S, Tanabe S, Yamade S, Ogita H. J Biochem 158 197-204, 2015

2. Lipoprotein-associated phospholipase A2 regulates macrophage apoptosis via the Akt and caspase-7 pathways. Maeda T, Takeuchi K, Pang X, Zankov DP, Takashima N, Fujiyoshi A, Kadowaki T, Miura K, Ueshima H, Ogita H. J Atheroscler Thromb 21 839-853, 2014

3. Significance of serum Zn-α2-glycoprotein for the regulation of blood pressure. Kurita S, Takeuchi K, Hayashi Y, Ueyama H, Zankov DP, Pang X, Otsuka T, Ohkubo I, Ogikubo O, Ogita H. Hypertens Res 38 244-251, 2015

関連ホームページ

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqbioch2/index.html