Print

前川 聡 >>

No image

大野 聖子おおの せいこ

所属・役職
アジア疫学研究センター・特任講師
研究テーマ
1. 循環器疾患のゲノム疫学
2. 遺伝性循環器疾患の研究

略歴

平成 9年3月 東北大学医学部医学科卒業
平成 9年4月 京都大学医学部付属病院 内科系研修医
平成10年6月 日本赤十字社和歌山医療センター 循環器内科勤務
平成14年4月 京都大学大学院医学研究科入学
平成18年3月 同上修了
平成18年4月 京都大学大学院医学研究科 研究生
平成21年4月 大和診療所勤務
平成23年4月 滋賀医科大学呼吸循環器内科 特任助教
平成26年2月 滋賀医科大学アジア疫学研究センター 特任講師

メッセージ

主な著書、論文

1. Ohno S, Hasegawa K, Horie M. Gender Differences in the Inheritance Mode of RYR2 Mutations in Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia Patients. PLoS ONE. 2015;10(6):e0131517.

2. Ohno S, Omura M, Kawamura M, Kimura H, Itoh H, Makiyama T, Ushinohama H, Makita N, Horie M. Exon 3 deletion of RYR2 encoding cardiac ryanodine receptor is associated with left ventricular non-compaction. Europace. 2014;16(11):1646-1654.

3. Bezzina CR, Barc J, Mizusawa Y, Remme CA, Gourraud JB, Simonet F, Verkerk AO, Schwartz PJ, Crotti L, Dagradi F, Guicheney P, Fressart V, Leenhardt A, Antzelevitch C, Bartkowiak S, Borggrefe M, Schimpf R, Schulze-Bahr E, Zumhagen S, Behr ER, Bastiaenen R, Tfelt-Hansen J, Olesen MS, Kaab S, Beckmann BM, Weeke P, Watanabe H, Endo N, Minamino T, Horie M, Ohno S, Hasegawa K, Makita N, Nogami A, Shimizu W, Aiba T, Froguel P, Balkau B, Lantieri O, Torchio M, Wiese C, Weber D, Wolswinkel R, Coronel R, Boukens BJ, Bezieau S, Charpentier E, Chatel S, Despres A, Gros F, Kyndt F, Lecointe S, Lindenbaum P, Portero V, Violleau J, Gessler M, Tan HL, Roden DM, Christoffels VM, Le Marec H, Wilde AA, Probst V, Schott JJ, Dina C, Redon R. Common variants at SCN5A-SCN10A and HEY2 are associated with Brugada syndrome, a rare disease with high risk of sudden cardiac death. Nat Genet. 2013;45(9):1044-1049.

関連ホームページ

https://cera.shiga-med.ac.jp/index.html