Print

中野 恭幸 >>

田中佐智子

田中 佐智子たなか さちこ

所属・役職
医学系研究科 社会医学講座 医療統計学  准教授
研究テーマ
1. コホート研究における疾病予測モデルの構築
2. 生存時間データ解析
3. 欠測・測定誤差がある場合の統計モデル構築

略歴

2000年 東京大学薬学部 卒業
2005年 東京大学医学系研究科健康科学・看護学専攻 博士課程 修了
2005年 国立がん研究センターがん情報統計部 リサーチレジデント
2007年 東京理科大学 工学部経営工学科 助教
2010年 京都大学医学研究科EBM研究センター 特定助教
2014年 京都大学医学研究科薬剤疫学分野 特定講師
2015年 滋賀医科大学医学部医療統計部門 准教授
2015年 滋賀大学経済学部(滋賀医大とのクロスアポイントメント)

メッセージ

講義と実習による理論勉強と実践を経て、医療統計学に強い疫学者になって頂きたいです!

主な著書、論文

1. Tanaka S, Tanaka S, Kawakami K. Methodological issues in observational studies and non-randomized controlled trials in oncology in the era of big data. Jpn J Clin Oncol. 2015 Apr;45(4):323-327

2. Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Akanuma Y, Ohashi Y, Yamada N, Araki A, Ito H, Sone H; for the Japan Diabetes Complications Study Groupthe Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Group. Body mass index and mortality among Japanese patients with type 2 diabetes: Pooled analysis of the Japan Diabetes Complications Study and the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial. J Clin Endocrinol Metab. 99(12): E2692-6, 2014.

3. Izumi S, Fujii Y, Tanaka S. Design and methods of the nested case-control studies. Japanese Journal of Biometrics. 32, 97-118, 2012

4. Tanaka S, Yamamoto S, Inoue M, Iwasaki M, Sasazuki S, Iso H, Tsugane S; JPHC Study Group. Projecting the probability of survival free from cancer and cardiovascular incidence through lifestyle modification in Japan. Prev Med; 48(2): 128-133. 2009

5. Mizuno S, Yamaguchi T, Fukushima A, Matsuyama Y, Ohashi Y. Overlap coefficient for assessing the similarity of pharmacokinetic data between ethnically different populations. Clinical Trials; 2: 174-181. 2005

関連ホームページ