滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶
高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、第2次健康日本21の目標の1つとして、脳血管障害の死亡率の減少が挙げられています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、(1)滋賀県脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、(2)脳卒中に関する情報提供を行いながら市民啓発活動を行い、(3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。御協力宜しく御願い申し上げます。
滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦

滋賀県脳卒中対策推進事業等による脳卒中を含む循環器疾患登録研究へのご協力のお願い


滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏)による脳卒中診療連携体制整備事業による本学への滋賀脳卒中データセンター設置及び脳卒中登録事業(滋賀県脳卒中対策推進事業等による脳卒中を含む循環器疾患登録研究)へのご協力のお願い


滋賀医科大学では滋賀県の補助金及び国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)からの委託を受けて滋賀県内で脳卒中、虚血性心疾患及び大血管疾患(以下、脳卒中を含む循環器疾患)の発症及び予後に関する登録研究を行っております。本事業は県内で脳卒中を含む循環器疾患がどの程度発生しているのか、発症後どのような経過をたどっているのか、またその関連要因が何かを明らかにし、滋賀県における医療連携体制の評価及び改善のための基礎資料として活用することを目的にしています。また、県民の皆さまに情報を公開し、脳卒中を含む循環器疾患の予防や治療に役立てることも目的としています。  本研究の結果は滋賀県の脳卒中を含む循環器疾患の実態を明らかにし様々な医療施策の基礎となるデータですので、精度の高い結果を得るためにも脳卒中を含む循環器疾患を発症された患者様全員のご協力がいただければ幸いです。しかし、この調査にご協力いただけなくても対象となる患者さんへの不利益は一切ございません。 この調査で利用する診療情報等の利用については、倫理規定に従って直接の同意はいただかず、このお知らせをもって周知させていただく方法で、滋賀医科大学倫理審査委員会の承認及び研究機関長の許可を得て実施いたします。この研究の詳細についてお知りになりたい方や、この研究の対象に該当すると思われる方の中で、ご自身の診療情報等を「この研究課題に対しては利用して欲しくない」と思われた場合は、下欄の研究内容の問い合わせ担当者までご連絡下さい。


研究対象者

2011年1月から現在までの間に脳卒中で滋賀県内の医療機関を受診された方
2014年1月から現在までの間に虚血性心疾患(心筋梗塞や不安定狭心症)、大血管疾患(急性大動脈解離、胸部大動脈瘤破裂・切迫破裂、腹部大動脈瘤破裂・切迫破裂)で滋賀県内の医療機関を受診された方


共同研究機関

滋賀県内で脳卒中を含む循環器疾患診療を行う病院等で本研究に参加している約40機関


研究の方法

 研究対象者の方の診療録に記録されているデータを滋賀医科大学の担当者が出張採録(各医療機関に滋賀医科大学の研究看護師等が出張し、診療録を閲覧し、必要なデータを採録する方法)によって登録させていただきます。
氏名、性別、生年月日、住所、年齢、既往歴、服薬歴、飲酒喫煙歴、家族歴、発症状況(発症日、発症から来院までの時間、発症時の状況、症状)、診断名、診察所見、血液・画像検査所見、治療内容(手術、投薬、リハビリ) 、退院日、予後、退院先など発症から退院までの脳卒中及び循環器疾患に関する項目を調査します。
生命予後については厚生労働省の許可を得て人口動態統計(死亡小票)を利用し、追跡調査をいたします。こちらから直接、患者さんにご連絡をすることはありません。氏名や住所は複数の医療機関等で治療を受けられている、あるいは予後に関する情報を突合する目的においてのみ使用し、その他の目的では使用しません。
 また研究成果の公表は、個人が特定できない形で、滋賀県及びAMEDへの成果報告及び学会発表および学術雑誌などで公表するとともに県民公開講座等で報告させていただきます。
研究期間は2022年3月31日までを予定しています(5年ごとに倫理審査委員会の審査を受けて継続する予定です)。


研究責任者及び研究内容の問い合わせ担当者

研究事務局 滋賀医科大学アジア疫学研究センター内、滋賀脳卒中データセンター 研究責任者 滋賀医科大学脳神経外科学講座・教授 野崎和彦
問い合わせ担当者 滋賀医科大学社会医学講座・学内講師 高嶋直敬
事務局電話番号 077-548-2191 Fax 077-548-3652 (応対可能時間:平日10時~16時)
滋賀脳卒中ネット https://cera.shiga-med.ac.jp/ssdac/ 

●滋賀脳卒中データセンター運営実施体制

事業統括者     松末 吉隆・滋賀医科大学附属病院長・滋賀医科大学 副学長
事業実施責任者   野崎 和彦・滋賀医科大学脳神経外科学講座 教授・滋賀医科大学附属病院 副病院長
事業内容    
 ●脳卒中発症登録   三浦 克之・滋賀医科大学社会医学講座 教授
喜多 義邦・滋賀医科大学社会医学講座 客員准教授
高嶋 直敬・滋賀医科大学社会医学講座 講師(学内)
小森 優・滋賀医科大学生命科学講座 教授
永田 啓・滋賀医科大学医療情報部長・教授
杉本 喜久・滋賀医科大学医療情報部 准教授
 ●市民啓発   宮松 直美・滋賀医科大学臨床看護学講座 教授

脳卒中を含む循環器疾患の地域悉皆登録に基づいた診療の質均てん化及び向上を目指す研究

研究開発代表者   野崎 和彦・滋賀医科大学脳神経外科学講座 教授・滋賀医科大学附属病院 副病院長
研究開発分担者   三浦 克之・滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学部門教授・アジア疫学研究センター長
堀江 稔・滋賀医科大学呼吸循環器内科学 教授
永田 啓・滋賀医科大学医療情報部部長・教授
小森 優・滋賀医科大学生命科学講座 教授
田中佐智子・滋賀医科大学社会医学講座医療統計学部門 教授
喜多 義邦・敦賀市立看護大学准教授/滋賀医科大学社会医学講座客員准教授
角野 文彦・滋賀県庁健康医療福祉部次長
高嶋 直敬・滋賀医科大学社会医学講座 講師(学内)