滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶
高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、第2次健康日本21の目標の1つとして、脳血管障害の死亡率の減少が挙げられています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、(1)滋賀県脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、(2)脳卒中に関する情報提供を行いながら市民啓発活動を行い、(3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。御協力宜しく御願い申し上げます。
滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦
医療保健関係者の方へ 脳卒中地域連携クリティカルパス

クリティカルパスとは 


プロジェクトや一連の業務において、目的を達成するまでのプロセスを決定づける、余裕や無駄な部分を省いた重要なタスクの流れのことで、医療・介護・福祉分野でも、検査・治療・入院などの計画を明示的にして在院日数短縮や患者の安心感を得る手法(クリニカル・パス、ケア・マップなど)として使用されている。

●脳卒中地域連携クリティカルパスとは

脳卒中診療では、急性期から回復期、維持期の在宅に至るまで、一貫性と継続性を保持した治療とケア体制が必要であり、各地域の病院・診療所群において、患者情報を集約し共有することにより、効率的かつ効果的な医療、保健福祉サービスの提供体制を構築することができる。1つの病院内ですべてのプロセスを遂行することは不可能であり、各地域の既存または新設された医療資源を有効に使って、脳卒中診療連携が構築される必要がある。改正医療法(平成19年)により、医療計画制度のもと、4疾病5事業において医療連携体制を構築することになり、脳卒中(4疾病の1つ)においても都道府県ごとに体制整備が進められている。また、脳卒中の医療連携体制が構築できると、脳卒中を対象とした地域連携診療計画管理料(急性期病院 900点)及び地域連携診療計画退院時指導料(療養病院等 600点)の算定が可能となっている。この地域連携診療計画管理料等を算定するための条件の1つとして、連携施設間で使用する「地域連携クリティカルパス」の策定がある。脳卒中地域連携クリティカルパスは、医療の内容を評価・改善し、質の高い医療を患者さんに提供するためのツールとして、脳卒中患者の入院から退院までの計画が立てられ、各病院・診療所、開業医の間での、継ぎ目のない役割分担、治療期間、在宅支援が行われることになる。


●メリットとデメリット

医療用のクリティカルパスとは、良質で適切な医療を効率的かつ安全に提供するための手段として、立てた計画の内容及び流れを定期的に評価することにより、医療の進歩に合わせた医療を患者さんに提供することができる。しかし、医療内容が保障されるものではなく、画一化されることで、個々の患者への柔軟な対応が制限される懸念があり、患者の状態に応じ、日本人特有の細かい配慮を盛り込むことが必要である。また、すべての病気をクリティカルパスの対象とすべきではなく、同じ病気でもクリティカルパスが有効に生かせない場合もある。担当医師とその患者さん及び御家族は、入院後の検査・治療の予定と内容、リハビリテーションの計画と内容、転院・退院の目安、転院後や帰宅後の計画などを事前に理解し共有することができ、計画から逸脱した場合に適切に対処することができる。

滋賀県における脳卒中クリティカルパスの実例


現在、準備中です。