滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶

高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、平成30年度からの第7次医療計画においても、脳卒中による死亡率の低下、要介護患者の減少のためにt-PA静注療法や脳血管内治療などの施行の適正化、均てん化を目指した医療連携体制の整備が求められています。また、脳卒中と同様の危険因子を有する心血管病の重要性も指摘されています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、平成28年からは脳卒中対策推進事業として、1)滋賀脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、2)医療者向け研修会や県民に向けた啓発活動を行い、3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。今後、心血管病についてもデータ集積を行う予定にしており、さらに活動を拡大して参ります。県民の皆様の御協力を宜しく御願い申し上げます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦

本事業の成果

●滋賀脳卒中データベースから

・2011年1年間の登録症例2956例を対象に分析しました。

・2011年の滋賀県の新規脳卒中発症者は2176人で、うち64%が脳梗塞、25%が脳出血、9%がくも膜下出血でした。

・2010年の国勢調査人口で年齢調整※を行った人口10万人当たりの新規発症率は脳卒中全体で166、うち脳梗塞が107、 脳内出血が42、くも膜下出血が15でした。


・これらの結果から我が国における脳卒中新規発症者数は年間22万人、再発も含むと年間29万人と推計されました。

 

※脳卒中は高齢者の発症が多いことから、地域による年齢構成の違いを統計学的に調整して算出した発症率

 

Takashima et al. Circ J 2017 (in press)

●脳卒中の病型別年齢調整発症率

 

●脳卒中の病型別発症数と割合

 
 

●脳梗塞の病型別発症数と割合

 
 

●脳卒中の男女別年齢階級別推定発症者数

 
 

●脳卒中の病型別退院時機能予後