滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶

高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、平成30年度からの第7次医療計画においても、脳卒中による死亡率の低下、要介護患者の減少のためにt-PA静注療法や脳血管内治療などの施行の適正化、均てん化を目指した医療連携体制の整備が求められています。また、脳卒中と同様の危険因子を有する心血管病の重要性も指摘されています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、平成28年からは脳卒中対策推進事業として、1)滋賀脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、2)医療者向け研修会や県民に向けた啓発活動を行い、3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。今後、心血管病についてもデータ集積を行う予定にしており、さらに活動を拡大して参ります。県民の皆様の御協力を宜しく御願い申し上げます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦
一般の方へ 脳卒中の予防

脳卒中予防のポイントは危険因子を知ることから!

脳卒中の「危険因子」と呼ばれている生活習慣や病気を持っている人は、脳卒中を起こす危険性が高いといわれています。しかも、持っている危険因子の数が多ければ多いほど脳卒中の危険性が増すことが分かっています。脳卒中を予防するには、自身が持っている「危険因子」を知り、できるだけ早い段階で危険因子を減らすことが大切です。危険因子は生活習慣の見直しで減らすことができます。この機会に自分の体や生活習慣について振り返ってみましょう。

脳卒中の危険因子となる病気とは?

脳卒中を引き起こす病気として、「高血圧」、「糖尿病」、「不整脈( 心房細動 ( しんぼうさいどう ) )」、「脂質異常症」があります。中でも、「高血圧」は脳卒中予防の最大のポイントです。


  • ◆「高血圧」
    高血圧になると、脳の血管に強い圧力がかかり、傷つきやすくなるため脳の血管がつまったり、破れたりする危険が高くなります。「最近、血圧を測ってないなー」という方は一度血圧チェックをしてみてください。普段から自分の血圧を知ることが大切です。血圧が高いまま放っておくのは危険ですので、血圧が高い方はすぐに医師の診察を受けてください。

  • ◆「糖尿病」
    糖尿病を放っておくと動脈硬化の原因となり、脳梗塞の危険性が高くなります。糖尿病を指摘されたら、医師の診察を受け、正常な血糖値を維持することが大切です。

  • ◆「不整脈( 心房細動 ( しんぼうさいどう ) )」
    心房細動 ( しんぼうさいどう ) とは、規則正しく動いているはずの心臓に何らかの障害が起こり、心臓がうまく収縮できずに血液が心臓内に停滞してしまう状態のことをいいます。心臓内に血液が停滞すると、血液のかたまり( 血栓 ( けっせん ) )ができやすくなります。この血栓が脳に運ばれ、脳の血管をつまらせて脳梗塞を引き起こします。特に高齢者に多いといわれていますが、脈のリズムが不規則だと感じたり、心臓のドキドキを強く感じたり(動悸)したら、医師の診察を受けてください。

  • ◆「脂質異常症」
    脂質異常症は動脈硬化を進みやすくしますが、それ自体には自覚症状はありません。しかし、総コレステロールやLDL(悪玉)コレステロールが高ければ高いほど、脳梗塞の危険性が高くなるという調査結果があります。脂質異常症を指摘されたら放置しないですぐに治療を始めることが大切です。

脳卒中の危険因子となる生活習慣とは?

普段の生活習慣の中にも脳卒中を引き起こす危険因子が潜んでいます。脳卒中になりやすい生活習慣に当てはまりませんか?


  • ◆「タバコ」はやめましょう!
    喫煙により脳卒中になる危険性が高まりますが、現在タバコを吸っている人でも、禁煙することで脳卒中になる危険性は下がります。脳卒中発症率は禁煙して2年で下がり始め、5年経てば吸わない人と同程度になるといわれています。飲み薬、パッチ、ガムなど禁煙を補助する様々な薬がありますので、禁煙が難しいと感じている方は医師に相談してみてください。

  • ◆お酒の飲みすぎに注意!
    適量を過ぎれば体の毒となり、脳卒中になる危険性が高まります。適量を守り、飲みすぎないことが重要です。
    晩酌されている方は、以下の「1日の適量の目安」の量を参考にしてください。
    □ビールなら、中ビン1本(500ml)
    □日本酒なら、1合(180ml)(焼酎ならその半分)
    □ウイスキーなら、ダブル1杯(60ml)
    □ワインなら、グラス2杯(240ml)

  • ◆食事バランスの心がけを!
    塩分や脂肪分の多い食事は、高血圧、脂質異常症などの病気を引き起こし、脳卒中の危険性を高めます。日頃から減塩、食事バランスの改善を心がけることが大事です。ちょっとした食事バランスの心がけが脳卒中予防につながります。
    <減塩の工夫:普段から薄味に慣れていくことが大切です。>
     □お醤油の量を減らす
     □酢や香辛料などを利用して味付けを工夫する
    <コレステロールを増やさないための工夫>
     □バター、生クリームなど乳脂肪をとりすぎない
     □即席麺やスナック類などを控える
     □チョコレートなど甘いものを控える
     □肉(とくに脂身)を控えて、青背の魚を積極的にとる
     □食物繊維を含む食品をとる

  • ◆運動習慣を身につけましょう!
    運動習慣のある人は運動習慣のない人に比べて、脳梗塞を発症する危険性が低くなるということが一般的にいわれています。自分の体力にあった運動を続けてください。

  • ◆肥満に注意!
    肥満は脳卒中の危険因子である高血圧症や糖尿病の原因となるため、間接的に脳卒中の危険因子となります。「太り気味かな?」と感じている人は、食生活や運動不足を見直してください。

  • ◆急な温度変化を避けましょう!
    急激な温度変化(特に暖かいところから寒いところへの温度変化)は、血圧の上昇を引き起こし、脳卒中発症の引き金になることがあります。寒い時期の外出や入浴・トイレに行くときには特に注意が必要です。部屋の温度設定や着衣などに十分配慮してください。

  • ◆水分補給をしっかりと!
    水分が足りず体が脱水状態になると、血流が悪くなったり、血栓ができやすくなったりして、脳卒中発症の引き金になることがあります。特に夏には汗を多くかくため、こまめな水分補給が重要です。歳をとると ( のど ) の渇きを感じにくくなるため、高齢者の方は季節を問わず定期的な水分補給を心がけてください。また、発熱時や下痢をしている時も脱水になりやすいので注意が必要です。