滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶

高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、平成30年度からの第7次医療計画においても、脳卒中による死亡率の低下、要介護患者の減少のためにt-PA静注療法や脳血管内治療などの施行の適正化、均てん化を目指した医療連携体制の整備が求められています。また、脳卒中と同様の危険因子を有する心血管病の重要性も指摘されています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、平成28年からは脳卒中対策推進事業として、1)滋賀脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、2)医療者向け研修会や県民に向けた啓発活動を行い、3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。今後、心血管病についてもデータ集積を行う予定にしており、さらに活動を拡大して参ります。県民の皆様の御協力を宜しく御願い申し上げます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦
一般の方へ 脳卒中の前ぶれ発作:一過性脳虚血発作(TIA)

一過性 ( いっかせい ) ( のう ) ( きょ ) ( けつ ) 発作 ( ほっさ ) (TIA)(ティアイエー)をご存知ですか?

一過性脳虚血発作は脳卒中の前ぶれ発作と言われています。

アニメでわかる脳卒中!② TIA(一過性脳虚血発作)

【一過性脳虚血発作とは】

脳の血液の流れが悪くなることで、運動 麻痺 ( まひ ) や感覚障害などの症状が出現します。脳梗塞であればそれらの症状はなくなりませんが、一過性脳虚血発作では症状が通常5~15分以内に、長くても24時間以内に自然になくなります。症状が短時間で消えてしまうため、軽く考えてしまいがちですが、そのまま治療せずに放置していた場合、10%の方が90日以内に脳梗塞を、20~30%の方が数年以内に脳梗塞をおこしています。特に、何度も一過性脳虚血発作を繰り返している、発作のたびに症状が強くなる、持続時間が長くなるといった場合は脳梗塞を起こす可能性が高く、要注意です。しかし、適切な一過性脳虚血発症の治療を受けることで脳梗塞の発症を予防することができます

【症状】

脳梗塞と同じ以下のような症状が出現します。

  • 突然、片方の手足・顔半分の麻痺・しびれが起こる
    (手足のみ、顔のみの場合もあります)
  • 突然、ロレツが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
  • 突然、力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする
  • 突然、力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする
  • 突然、片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける

突然おこることが特徴です。そして、これらの症状が5~15分以内、長くても24時間以内になくなることが特徴です。

【原因】

血液のかたまり( 血栓 ( けっせん ) )が脳の血管につまることで起こります。脳の血管がつまると、脳の一部に血液が流れなくなるため、脳細胞がダメージを受け、さまざまな症状が出現します。一過性脳虚血発作の場合は、つまった血栓がすぐに流されることで、脳細胞のダメージが回復し症状がなくなります。また、心臓にできた血栓が脳の血管に流れてきてつまることもあります。

【検査】

来院時には症状が消えていることが多いので、どのような症状が出たのかを医師に伝えることが重要です。また、血液検査や脳のCT、MRI(磁気共鳴画像検査)、首や心臓の超音波検査、心電図など必要に応じて検査を行います。

【治療】

発症当初の点滴治療のあとの治療は、服薬と生活習慣の改善が基本となります。生活習慣の改善に加えて、検査の結果に応じて血液が固まりにくくなる薬を飲むなどして、血栓ができるのを予防します。場合によっては、大きな発作がおこる前に、脳につながる首の血管を広げる手術などを予防的に行うこともあります。また、高血圧や糖尿病、脂質異常症などがあれば、それらの治療も併せて行います。

【一過性脳虚血発作を疑ったら】

症状が現れた時点では、一過性脳虚血発作か脳梗塞かの区別はできませんので、直ちに救急車を呼んで下さい。また、症状がすぐにおさまったからといって、そのまま様子を見るのは禁物です。必ず神経内科や脳神経外科などの専門医を受診して下さい。