滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏) 脳卒中診療連携体制整備事業とは
滋賀県内の基幹病院をつなぐ情報ネットおよび急性期医療を支援する超急性期脳卒中診療体制を構築します。
そして、急性期、回復期、慢性期、維持期、在宅を含めた連携情報を脳卒中診療データベースとして集積します。これら脳卒中診療体制に関するデータを年度ごとに集計します。
それにより、県内の脳卒中診療動向を把握し、再発、社会復帰などを評価し、慢性期病院から老人介護施設、自宅へのスムーズな連携体制構築を全県下に整備する事業です。
滋賀脳卒中データセンターとは
滋賀脳卒中データセンターは滋賀県脳卒中診療連携体制整備事業の一環として滋賀医科大学内に設置されました。滋賀県内の脳卒中医療の評価・分析を行うため、脳卒中の発症、予後、再発率、社会復帰率などについて、本センターが中心となり登録、追跡調査を実施します。また本事業による成果は本ホームページにおいて広く公開していきます。
ご挨拶

高齢化社会を向かえ、介護や医療費を要する脳卒中診療の重要性が再認識され、平成30年度からの第7次医療計画においても、脳卒中による死亡率の低下、要介護患者の減少のためにt-PA静注療法や脳血管内治療などの施行の適正化、均てん化を目指した医療連携体制の整備が求められています。また、脳卒中と同様の危険因子を有する心血管病の重要性も指摘されています。滋賀県でも、平成24~25年度の地域医療再生計画(三次医療圏)として「脳卒中診療連携体制整備事業」が開始され、平成28年からは脳卒中対策推進事業として、1)滋賀脳卒中データセンター設置により、滋賀県の脳卒中に関する医療データを収集・解析し、2)医療者向け研修会や県民に向けた啓発活動を行い、3)新たな医療施策を提言するための基盤整備を行っております。今後、心血管病についてもデータ集積を行う予定にしており、さらに活動を拡大して参ります。県民の皆様の御協力を宜しく御願い申し上げます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座
教授 野崎 和彦
一般の方へ 脳卒中のリハビリテーション

脳卒中のリハビリテーションとはどのようなことをするのでしょうか。

脳卒中を発症した後、手足の麻痺(まひ)や言語の障害といった後遺症(こういしょう)が出現することが少なくありません。状態に応じた最大限の回復や、後遺症を持ちながらでもより良い生活をおくることを目的に早期よりリハビリテーションが行われます。リハビリテーションには理学(りがく)療法士(りょうほうし)による手足の麻痺回復のための基本的な動作訓練や、作業(さぎょう)療法士(りょうほうし)による手指の細かな作業訓練、言語(げんご)療法士(りょうほうし)による言語訓練・口や舌を動かす練習、看護師による生活指導などがあります。

【急性期のリハビリテーション】

寝たきりによって起こる筋力の低下、関節の拘縮予防、肺炎などの合併症予防の目的で、発症後できるだけ早期から理学療法士などがベットサイドで手足の曲げ伸ばしや関節の運動、正しい姿勢の保持などを行います。

【回復期のリハビリテーション】

脳卒中を発症し状態が落ち着いてから6ヶ月までは回復期と言われています。この期間に集中的にリハビリテーションを行うことで生活の質の改善が期待できると考えられています

【維持期のリハビリテーション】

回復期終了後は維持期と言われています。維持期の訓練の内容は、集中して行う専門的な訓練から生活に応じた簡単な訓練を続けていくことが中心となります。リハビリテーションを続けていくことで残された機能が維持できます。時には麻痺していた手足が少しずつ動くようになったり、言葉の出にくさが改善したりといった障害されていた機能の向上がみられる場合もあります。

リハビリテーションの継続は患者さんご本人のみならずご家族にとっても大変なことかもしれませんが、「毎日の生活そのものがリハビリテーション」です。医療者とよく相談し、医療福祉制度や施設をうまく活用しながら、ライフスタイルに合った訓練方法を用いて、根気よくリハビリテーションを継続していきましょう。